つみたてNISAやってますか?コツコツと貯金するくらいなら投資しましょう。

つみたてNISA(投資信託)

皆様はFX以外に投資はされていますか?無難なところだと個人年金で積み立てている方が多いですかね。株やCFDにETF、不動産や債権などいろいろな投資がありますが、これらは元手が無いと始められません。

※元手が無いとは投資に回すお金が数万円も無いということです。

近年人気な個人型確定拠出年金(iDeCo)は少額から始められるのですが、基本的には途中で解約することが出来ない仕組みになっています。急にお金が必要になっても、貯金の無い私みたいな人には致命的です。

そこで昨年から始まったつみたてNISAに目を付けました。つみたてNISAならば最少100円から始めることができ、途中解約もできます。

スポンサーリンク

つみたてNISAとは

金融庁が厳選した投資信託等を、非課税で運用できるシステムです。非課税にしてあげるからタンス預金するくらいなら、市場にお金を回してよって感じです。

この非課税というのが重要で、通常投資で得られた利益の約20%は課税されるのですが、NISAは非課税になります。

ざっくり計算で毎月1万円の積み立てで利回りが年利4%、20年間積み立てると元金240万に対して約366万円になります。通常の投資信託は利益の126万円に20%の税金がかかるので25万円徴収されてしまいます。この25万円が0円になります。だから積極的に活用しようっていうのが国の意見です。

しかしながらつみたてNISAは投資なので、元金割れを起こす可能性もあります。ですが金融庁がそのリスクを極力減らす努力をしてくれてるので、少しは安心して投資することが出来るようになっています。

つみたてNISAには積立金額に上限があります。

投資可能枠は40万円までです。

・毎月積立→33,333円
・毎週積立→7,692円
・毎日積立→1,619円

金融庁が厳選した投資対象

投資信託の運用ファンドは、その多くが投資をする意味のない悪質なファンドだと言われています。そこで、

金融庁は投資対象を厳選し限定して、投資家を保護しようとしています。

つみたてNISAの投資対象は金融庁が指定した「公募株式投資信託」と「上場株式投資信託(ETF)」に限られます。通常の投資信託とは違い投資できない銘柄もありますが、悪質なファンドを排除してあります。数が多すぎる投資信託から選ぶ手間も省けてちょうどいいと思います。金融庁が厳選してくれてるってこともありますし、初心者が全ての投資信託の中から自分で選ぶよりも断然安心なです。金融庁がどうやって投資対象を選んでいるかというと、

1)販売手数料がゼロ(ノーロード)

投資信託を買う時に手数料がかかりません。つみたてNISAは積み立てることでリスクを時間で分散させています。何回も買わなければいけないので、無料はありがたいです。

2)信託報酬は一定水準以下

これは投資した金額を運用してくれている会社に払う手数料です。タダでは運用してくれないので必要になります。この費用が極めて低いものが選ばれています。

3)信託契約期間

無期限または20年以上であること。積み立てている最中に契約が切れることがない銘柄です。これは当然ですね。

4)信託報酬の通知

過去一年間に負担した信託報酬はいくらか教えてもらえます。2)のことがあるのでそれほど重要ではないです。

5)分配が毎月ではない

つみたてNISAは分配金も複利運用していく事で最も力を発揮します。ちょこちょこ分配金をもらわないで運用してくれるものを選んでいます。これは分配金を受け取るか再投資するか選べますので、それほど重要ではないです。

投資対象のまとめ

金融庁が選んでくれた投資家にとって都合がいい銘柄だけになっています。
特に買付手数料ゼロと信託報酬に関しては、直接利益を圧迫するので低いに越したことはありません。

上記以外にも、金融庁が定める長期に渡って投資しても安心が出来る運用方法の銘柄しか選ばれてはいませんので、安心して投資することが出来ます。

結果は20年後じゃないと分かりませんけども、、、。

スポンサーリンク

つみたてNISAのメリット

メガバンクの銀行金利はいくらかご存知ですか?
そうです。0.001%です。大体の方が貯金はメガバンクを選んでいるのではないですか?0.001%なんて全く増えないのも同然です。そこにきて日銀の物価目標は2%です。

銀行に貯金しているだけでは、お金の価値が低くなっていく事になります。貧乏な私のお金の価値が更に低くなるのです。まぁ貯金はありませんけども。具体的には調べてみて下さい。貯金するお金があるなら投資をしましょう。

運用益が非課税(最長20年間)

冒頭にも紹介したようにつみたてNISAの運用益は全額非課税です。積み立てている額が大きく、利回りも良かった場合の節税効果は抜群です。

仮に20年間積み立てた元本が800万円で運用益が500万円だったとすると、

 元本運用益税率受け取れる額
つみたてNISA800万円500万円0%1,300万円
普通の投資800万円500万円約20%1,200万円

どれだけ節税効果があるか、お分かり頂けると思います。

リスク分散がしやすい

つみたてNISAは100円から積み立てることができます。あまり投資にお金を割くことができない方は、リスクを分散することが出来るつみたてNISAをオススメします。

株式やその他金融商品は通常ウン万円からでないと、始めることができません。私のような貧乏人は、その金額では一極集中になりすぎてしまいリスクを分散することが出来ません。

投資する種類でリスク分散

投資信託には株式の他にも債権、REITやその他商品があります。またその全てに対象国がありますので、商品と通貨それぞれでリスクを分散できます。

それを100円からできるのがつみたてNISAです。つまり少額で色々な物に投資が出来るので、リスクが分散できるのです。

時間によるリスク分散(ドルコスト平均法)

ドルコスト平均法を知っている方はいらっしゃいますか?簡単に説明すると、一定金額を一定期間で投資し続けることで、相場の変動に関わらず損失を出しずらくするという手法です。

  一か月二か月三か月四か月合計平均
毎月100円
ずつ買う
毎月100円ずつ買う
買付金額
数量
買付金額数量
100円
8
100円8
100円
11
100円11
100円
9
100円9
100円
12
100円12
400円
40
400円4010円
毎月100円
ずつ買う
買付金額
数量
100円
8
100円
11
100円
9
100円
12
400円
40
毎月同じ
数量を買う
毎月同じ数量を買う
買付金額
数量
買付金額数量
125円
10
125円10
110円
10
110円10
111円
10
111円10
83円
10
83円10
429円
40
429円4010.7円
毎月同じ
数量を買う
買付金額
数量
125円
10
110円
10
111円
10
83円
10
429円
40

価格が高い時は少量買い、価格が低い時は多めに買うことで平均買付単価を下げることができます。平均買付単価が低いということは、相場が上がっていれば利益は増し、相場が下がっている時は損失が減ります。

一回の買い付け額が高くなる株式投資等では、一定額を買い続けることが困難な人でも、100円から始められるつみたてNISAはドルコスト平均法によるリスクの時間分散もできます。

スポンサーリンク

つみたてNISAのデメリット

私にとってつみたてNISAにデメリットを感じる部分はありません。なぜならば投資の対象がFXとつみたてNISAだけだからです。他の方が感じられているデメリットを紹介しますと、

個別株式に投資ができないこと

これは確かに仰る通りなのですが、個別株式を定期的に買い足せるほどの財力が無い方は全く心配いりません

個別株式に投資できる財力のある方は、個別株式でリスクを分散して投資をされた方が効率がいいはずです。NISAがある今はわざわざつみたてNISAで投資信託に手を出さなくてもいいのではないでしょうか?

損益通算ができないこと

つみたてNISA以外で得た投資の利益をつみたてNISAと合算して計算はできません。
つみたてNISAの利益が-100万円、その他の利益が+100万円だとしても合計は出来ないので20万円の税金を取られます。

これはつみたてNISAの上限を超えて投資信託に投資したい方はデメリットに感じるかもしれません。少なくとも月に4万円以上投資にお金が回せる方です。そんな方はまず個人型確定拠出年金iDeCoを検討しましょう。損益通算は出来ませんが掛け金が全額所得控除のなるので損失のリスクを軽減できます。

つみたてNISAとiDeCoの上限を合わせてもそれ以上投資にお金を回したい方は、思い切ってNISAを使って個別株式に投資しましょう。世界経済は誕生以来ずっと右肩上がりで成長しています。そこに賭けましょう。

損失の3年間繰り越しができないこと

特定口座と一般口座で取引をして損失を出した場合は、確定申告により3年間の繰り越しができます。次の年の所得がマイナス損失額からスタートするイメージです。つみたてNISAではこのマイナススタートができません。

これは正直な所かなり痛いです。運用で損失を出しているのに、救済措置が無いのです。ですが、よく考えてみてください。つみたてNISAは投資です。

投資にある程度のリスクは付き物です。増えないどころか減ってるのに助けてもくれないのか!は通用しません。と諦めるしかないです。

 積立資産が減っている状態で期間が終了した場合

積立資金が100万円で期間終了時に50万円に減っていた場合は、つみたてNISAでの取得価格は50万円です。つみたてNISAはロールオーバーが出来ないので50万円で諦めるか、特定口座に移し更に運用させるかを選ぶことになります。

ここで問題なのが特定口座に移した場合です。運用益非課税が売りのつみたてNISAも、期間が終了すると特定口座での運用益には税金がかかります。デメリットというか至極当たり前の事です。

スポンサーリンク

・メリット・デメリットのまとめ

デメリットと感じられることは、資産が減っている場合のみです。ですが、そうならないように金融庁が運用ファンドを厳選していることが、最大のメリットです。

この運用ファンドの限定が無ければ、いくら運用益が非課税だからといっても、投資初心者が出資することはありません。

スポンサーリンク

つみたてNISAをやるべき人は?

私みたいに少額しか貯金できない人で、緊急時には解約をして現金にしたいという人です。多少余裕がありすぐには解約できなくてもいいという人は、iDeCoで運用しましょう。

貯金をするのは未来の為のはずです。長期間コツコツと少額を銀行で預金をしても、お金の価値は下がる一方です。貯金をすることで貧乏になっていくのと一緒です。

ならばコツコツとつみたてNISAを使って投資をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました