NISA(少額投資非課税制度)について

つみたてNISA(投資信託)

NISA(少額投資非課税制度)について

税金がかからないから得だよね。

てことは知っていても、デメリットもあることはご存知ですか?

この記事ではNISAの概要とメリット、デメリット、NISAの活用方法を解説していきます。

こちらはNISAの記事です。つみたてNISAは別にまとめてありますので参考にしてください。

スポンサーリンク

NISAの概要

NISAとは少額の投資を行った際に「普通分配金」と「譲渡益」が全額非課税になる制度です。

対象者日本在住で20歳以上
非課税対象株式・投資信託等で得られた配当金・分配金・譲渡益
口座数1人1口座
非課税投資枠毎年120万円が上限(最大600万円)
非課税期間最長5年間(ロールオーバー可)
投資可能期間2014年~2023年

 NISAのメリット

NISAのメリットはたった1つです。ですがそれが最大のメリットです。

運用で得られた利益が全額非課税

一般口座での投資には運用益に約20%の税金がかかります。これが全額非課税なのです。

運用益税率税金受け取れる利益
NISA口座100万円0%0円100万円
特定口座100万円約20%約20万円約80万円

100万円の利益があると約20万円も違います。20万あれば何が買えますか?

NISAのたった一つのメリットは現金が多くもえることです。

ちなみに非課税なので確定申告も必要ありません。やったことがない人や、不慣れな人にはありがたいですよね。NISAのメリットはご存じの方が多いと思いますが、デメリットはご存知ですか?

NISAのデメリット

デメリットはNISA口座のほかに、特定口座で株式等を運用している方にのみ存在します。なのでNISA口座でしか運用するつもりのない方は飛ばしてください。

・損益通算ができない

特定口座で株式等に投資をされている方で、100%利益を出し続けている方はごく少数かと思います。もしくはいないのかもしれません。1年間の取引の合計で損失を出してしまった場合は、損益通算をしますよね?無駄な税金を払わなくていいシステムなのでありがたいのですが、特定口座とNISA口座では損益通算をすることができません。

損益通算ができると

利益税金
特定口座
特定口座
100万円
マイナス100万円
0円

損益通算ができないと

利益税金
特定口座
NISA口座
100万円
マイナス100万円
約20万円

この場合どちらも全く利益が出ていないのに、NISA口座と併用していると約20面円の支払い義務が生じてしまいます。

・損失繰り越しができない

特定口座での取引では確定申告することで、損失を3年間繰越控除ができます。ですがNISA口座は繰越控除の対象になりません。特定口座のみで取引をする場合と、NISA口座を併用する場合では、

特定口座のみ取引

利益税金
2018年特定口座
2019年特定口座
マイナス100万円
40万円
0円
損失繰越マイナス60万円

2年間の合計がマイナス60万円です。損失を繰り越しているので2019年の40万円には税金がかかりません。

NISA口座と併用

利益税金
2018年NISA口座
2019年特定口座
マイナス100万円
40万円
約8万円
損失繰越ができない40万円

2年間の合計は上と同じマイナス60万円ですが、損失繰越しできないため税金が約8万円必要になります。

・代用有価証券として扱えない

通常株は担保(代用有価証券)として使えますが、NISA口座で保有している株では担保として使うことができません。信用取引をしたい方はNISA口座では信用取引はできないことを覚えておいてください。

デメリットのまとめ

NISAのデメリットはNISA口座と特定口座を併用される方にのみ存在します。

なのでNISA口座でしか取引をされない方は気にしないでください。NISAは年間120万円まで投資できるので、120万円以内で収まる方は特定口座を引き上げNISA口座一本で取引することをおススメします。

NISAの注意点

ちょっとした注意点がありますのでよく読んでください。

課税されてしまう場合がある

運用益は全額非課税のNISAでも課税されてしまう場合があります。

1)配当金受け取りの方法

配当金を受け取るためには3つの方法があります。

配当金受領方式ゆうちょ銀行や郵便局で受け取る
登録配当金受領口座方式銀行口座で受け取る
株式比例配分方式証券口座で受け取る

3つの中から

『株式比例配分方式』を選択してください。

ほかの受け取り方をする課税されてしまいます。

2)値下がりしたNISA株をNISA口座以外に移した時

NISAは5年間の非課税期間を終了した場合1)売却するか2)NISA以外の口座に移すか3)ロールオーバーするか選ぶ必要があります。ロールオーバーび関しては後述します。ここで気をつけなければならないのが2)NISA口座以外の口座に移す時です。

値下がりしたNISA株の取得価格はNISA期間終了時の価格になります。なのでNIAS口座以外の口座に移してから価格が上昇すると売却時上昇分に課税されます。

NISA口座開設非課税期間終了で口座移管その後売却
株100万円購入株50万円に下落株100万円に上昇税金約10万円

実際に購入した100万円で売却してもNISA口座以外に移すと課税されるため、注意が必要です。

以上の2つが注意点です。

スポンサーリンク

必殺技ロールオーバー

注意点の項目に書いたようにNISAは非課税期間(5年間)が終了すると1)売却するか2)NISA以外の口座に移すか3)ロールオーバーするかを選ぶ必要があります。ここでは3)ロールオーバーについてまとめていきます。

ロールオーバーとは

ロールオーバーとは非課税期間が終了したはずの取引を、再び全額非課税で運用が続けられるシステムです。従来は1年の上限額120万円までに制限されていたのですが2017年の法改正で上限が無くなりました。

つまりは値上がっている株をさらに5年間非課税で運用できるのです。

値下がっている株でも次の非課税期間のうちに値上がればラッキーなんて使い方もできます。注意点で書いたように、NISA口座以外に移管したあとに値上がると課税されてしまうので、あがると思うなら積極的にロールオーバーしましょう。

ロールオーバーの注意点

120万円以上のロールオーバーをするとその年のNISAに課税枠を使い切ったことになります。新たにNISA口座で取引することはできません。120万円以下なら120万円までの取引ができます。

非課税期間終了時に何も手続きをしないと、特定口座に強制的に移管されるので注意してください。

非課税期間終了時1つの銘柄を分割することはできません。
例)100万円のうち50万円はNISA口座でロールオーバー残りの50万円を特定口座に移管など。

スポンサーリンク

NISAまとめ

ちょっとした注意点と、NISA口座とそれ以外の口座で取引をされる方はデメリットがありますが、

年間120万円以上投資に回すお金がない方は、非課税というメリットの恩恵を最大限に受けることができます。

また、個別株式より投資信託でコツコツと積み立てたい方向けの『つみたてNISA』もありますので参考にしてみてください、

コメント

タイトルとURLをコピーしました