トレード日記1月後半~ゾーンで乗って「N」を取りきる

トレード日記

1月の後半からのトレードをまとめてみました。

通貨ペア売買エントリー決済損益 
ドル円ロング1月23日1月31日-133pips
ドルカナダロング1月21日1月23日79.3pips
オージー円ロング1月24日2月6日47pips
ニュージー円ロング1月23日2月6日107.6pips
カナダ円ロング1月23日2月1日121.3pips
    合計 222.2pips

ドル円以外は+で終わることができました。100pipsオーバーも2通貨ペアあり、合計は222.2pipsでした。

スポンサーリンク

トレードのテーマ

今回はトレードにテーマを持って取り組みました。

ゾーンで乗って「N」を取りきる

エントリーの条件

トレンドが出た後の押し目をゾーンを設定して待ち、下げ止まりと思ったらエントリーです。他はありません。

ピンポイントで狙おうとすると乗り遅れたときにエントリーできないことが多く、目線は間違えていないのに取り逃すことが多々ありました。なのでゾーンを作って待ち、乗り遅れ気味でも損益比が1:1以上なら即エントリーしました。

反転をゾーンで捕える

狙いは押し目買い、戻り売りなのでトレンドが出ていることが大前提です。

ゾーンはラス押し、ラス戻り高値、と前回の高値安値に設定します。上昇トレンド中ならばラス押しを抜けた時点でトレンド転換の可能性が出てくるのでスルーします。転換の可能性が出てくるだけなので狙えるのかもしれませんが、トレンドフォローをするならばちょっとギャンブル色が強いと思います。

「N」を取りきる

エリオット波動

エリオット波動を説明しようとすると時間がかかるので、このトレードに必要な要点だけご説明します。

1波より3波が小さくなることはない

以上です。トレンドが発生した状態が1波、戻しを付けに来る2波をスルーして、3波を狙いに行きます。利確目標は1波<3波なので2波の底から1波の上昇分をごっそりといただきます。

損切り

損切りはラス押し、ラス戻りの外側です。

スポンサーリンク

結果詳細

+-のpips数だけでは寂しいので少し詳細をお届けします。

ドル円

-133pipsでした。2波がトレンドを付けて落ちてきたのでトレンドライン上抜けを確認してからのエントリーだったのですが、一度も+になることはなく損切りにあいました。これが唯一の負けトレードです。

ドルカナダ

+79.3pips

ほぼ理想的なトレードです。ラス押しまで戻りが入って、2波のトレンドライン抜けからエントリー。戻しも少なくストレスフリーでした。利確目標もドンピシャで、その後ちょっとダケ上昇するも上位足の戻り売りに巻き込まれて落ちて行きました。

オージー円

+47pips

最大の反省点は利確目標が間違っていました。本来なら黒い斜め線の一番上に設定しなければならないのですが、何を思ったのか遥か上に指していました。

ニュージー円

+107.6pips

ゾーンからはかなり遠いのですが、2波の段階では120期間の移動平均線が下向きで迫って来ていたので上抜けるのを待ってからのエントリーです。こちらは強欲すぎました。途中で気付いてトレールしながら追いかけました。100pips越えのトレードだったので満足はしていますが、エントリー時点で、もっと謙虚にならなければいけませんでした。

カナダ円

+121.3pips

これもほぼ理想的です。エントリー後一回戻されますが、建値を超えてからは安心してみていられる状況が続きました。本来の利確目標は黒い斜め線の上側なのですが、強そうな水平線がなかったので週足から引いた緑の水平線まで引っ張りました。その後ちょっと上昇してから下落しているので間違えではなかったと思います。

まとめ

ゾーンで乗って「N」を取りきる作戦ですが、今回は相当良い結果となりました。ドル円だけはドカンとやられましたが、その後の展開からも方向は間違ってはいないと思います。今でも上方向に注文を入れて、エントリー待ちの状況です。

この作戦のポイントは損切りのラインを動かさないということです。必ず損益比は1:1以上で利確目標に到達するか、損切りにあうかまでは一切注文の変更をしないこと。これを徹底してエントリー方法等もう少し細かく検証していきます。

スポンサーリンク

おすすめの海外FX業者はこちら

令和元年最新版」GEMFOREXは口座開設ボーナスだけでも利用の価値アリ!!ゲムフォレックスの特徴も合わせてご紹介。

XMのボーナスは『ロイヤリティプログラム』が本命。プログラムの詳細を徹底解説します。

TitanFX(タイタンFX)は極狭スプレッドが売り。デイトレーダーやスキャルパーは必見!!!

is6com(アイエス6コム)のキャンペーンは口座開設と入金ボーナスの2本柱。強烈なボーナスを連発しているis6comの特徴は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました