FXあきチャンプチ勉強会『勝利の方程式は凡事徹底!!』まとめ

あきちゃんプチ勉強会

今回のプチ勉強会は勝利の方程式です。

スポンサーリンク

視聴者様のメール紹介

私の最大の悩み事は、いつも人と反対方向にエントリーしてしまうことです。スクールで習った通り、週足日足4時間足と環境認識してこの上位足のうち2つの目線が一致した通貨で1時間足でエントリーしています。これをやっていると、当たる確率の方が少なく勝率が低いです。あきチャン先生の方程式みたいなものがあったら教えて下さい。

多数決理論は危険

スクールに通われている方は聞いたことがあるかもしれませんが、上位足の目線が多数揃っている方向に目線を向け、エントリーするという手法があります。MT4で自動的に矢印が出るインジケーターも存在しています。この手法は、ダウ理論等を取得し相場の方向性を読むことができる中級者以上が使うべきです。下の図をご覧ください。

週足、日足レベルでは少なくとも赤ラインを下抜ける展開になるまでは上目線です。ダウ理論的には青ラインまで上目線になります。黄色の幅は週足で見ると500~1000pipsあることもあります。ここを週足、日足の目線は上だからと、1時間足でロングばかりしてしまうと、かなりの確率で負けてしまいます。多数決理論は初心者のうちは使わないほうが賢明です。

多数決理論が使える場面

多数決理論は全く使えないわけではありません。下の図をご覧ください。

前回の高値を超えた時点で、週足以下全ての目線が上方向を向いた場面です。ここは積極的に狙いましょう。

多数決理論が使える場面と使えない場面が見極められない方は、多数決理論に頼るのは止めましょう。

スポンサーリンク

勝利の方程式は凡事徹底!!

凡事徹底とは?

何でもない事、当たり前の事を徹底的にやること、または当たり前の事を極めて、他人の追随を許さないことです。

FXでいうならば、基本を押さえ、基本通りにトレードすること。基本のトレードを極めるということです。

あきチャン先生の基本トレード2つをご紹介します。

トレンドが出た後のトレンドフォロー

まず1つ目は

トレンドが出た後のトレンドフォローです。トレンドが出ていないのにトレンドフォローは成り立ちません。必ずトレンドが出ていることを確認してから、エントリーポイントを探りましょう。

トレンドが出ているか出ていないかは、多数のトレーダーが判断できるレベルでないとなりません。これは相場は買い目線と、売り目線の多数決によって動いているからです。あなただけが判断できるトレンドの有無では、誰も意識できないので、人の目線に立ちトレンドが出ているか確認しましょう。

条件

1.トレンドが出ていること これは上に書いた通りです。

2.押し目買い、戻り売りポイントまで引き付ける

トレンドフォローなのでロングならば、押し目待ち。ショートならば戻り待ちになります。押し、戻りポイントについては基本的には前の波の節目、フィボナッチの50%~61.8%です。

実際のチャートを使って見ていきます。

ドルスイス

赤い波のトレンドが発生しています。上昇してきたら、フィボナッチと前の波に水平線を引いて待ちましょう。今回のケースではフィボナッチ61.8%のラインと、120期間のMA付近でレンジになっています。エントリーするのならば、レンジを力強く抜けた陰線の後、もしくは切り上げライン抜けになります。安全にエントリーすならば、切り上げライン抜けになりますが、狙える値幅は小さくなります。ここではレンジの上限に損切りを設定し、レンジ抜けからエントリーを狙いたい場面です。

ポンドドル

赤い波の下降トレンドが発生しています。今回のケースでは赤い波とは逆のトレンドラインが引けます。戻り売りポイントは緑の線と、フィボナッチ50~61.8%ですが、このトレンドラインを割らない限りは、エントリーを控えた方が得策です。逆に戻り売りポイントに頭を押さえられ、トレンドラインを割ってくるようなら積極的にエントリーすることができます。

ユーロドル

上昇トレンドの場合も見ていきましょう。下降トレンドのラス戻りを抜く、上昇トレンドが発生しています。前の波はほとんど節目を作らずに上昇しているため、補助的にその前の波にも水平線を引いています。ここではフィボナッチ50%のラインで反発し、青のトレンドラインを抜け上昇しています。上昇が急なので、トレンドライン抜けでエントリーできなければ、次に20MAに絡んだあたりからの上昇は狙うことができます。

スポンサーリンク

波の完成を獲りに行く

トレンドフォローの次は波の完成を捕りにいくトレードです。相場は必ず「N」を描きながら進みます。なので1波のエネルギーは3波と等しくなります。波の完成を捕りにいくトレードは、1波と3波を比較して「N」が完成していない場合のトレード方法になります。分かりやすく実際のチャートを見てみましょう。

ユーロドル

赤い波の第1波は、ダブルボトムのネックラインを抜く力強い1波となっています。しかしその後の黒波は1波に対して上昇が弱く高値を抜き切れていません。これが波が完成していない状況です。相場は「N」の完成を狙いにいくので、1波の安値を割らない限りは上目線でエントリーポイントを探りましょう。今回のケース理想のエントリーポイントは黒丸になります。ここでは短期的に上昇トレンドが発生し、20MAも下から支えにきています。切り下げラインも引くことができるので、ライン抜けでエントリーできます。

ポンド円

ポンド円の4時間足です。ダブルトップのネックラインを割った1波に対して、黒い波は小さすぎます。この1波に対して「N」がまだ完成していないので、完成を目指した動きをするはずです。このケースではダブルトップを付け、上昇トレンドラインを強く抜いていくところが絶好のエントリーポイントとなります。

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、波の完成を獲りにいくという場面では、ハーモニックパターンを作っている場合が多いです。上に挙げたユーロドル、ポンド円共にガ-トレーパターンを作っています。

まとめ

FXの勝利の方程式は凡事徹底です。まずは基本のトレンドフォロー、波は完成を目指すという事のみでトレードをしてみることもアリです。この2つを徹底的に習得し、どのトレーダーよりも上手に使えるようになったならば、1流のトレーダーになれます。

様々なインジケーターを使って方向性が分からなくなるよりも、もっと単純にチャートを読みトレンドを追いかけましょう。

スポンサーリンク

おすすめの海外FX業者はこちら

令和元年最新版」GEMFOREXは口座開設ボーナスだけでも利用の価値アリ!!ゲムフォレックスの特徴も合わせてご紹介。

XMのボーナスは『ロイヤリティプログラム』が本命。プログラムの詳細を徹底解説します。

TitanFX(タイタンFX)は極狭スプレッドが売り。デイトレーダーやスキャルパーは必見!!!

is6com(アイエス6コム)のキャンペーンは口座開設と入金ボーナスの2本柱。強烈なボーナスを連発しているis6comの特徴は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました