FXあきチャンプチ勉強会『初心者にお勧めトレード方法』まとめ

あきちゃんプチ勉強会

今回は初心者にお勧めのトレード方法です。初心者向けなので当然トレンドフォローになります。一か月でトレードできる回数は限られてしまいますが、基本のトレードになりますのでしっかりと読んでみてください。

スポンサーリンク

基本のトレンドフォロー

基本のトレンドフォローとは?

私のブログでも何回も登場している図になります。基本のトレンドフォローは、トレンドが発生している状況での押し目買い、戻り売りのことです。左の図のような状況で赤波を狙うときに「押し目買いをします。」というはなしを聞くことがあるのですが、トレンドが発生していない状況では押し目買いにはなりません。まずは右図のようにしっかりとトレン出ていることを確認してください。

トレンド転換からのトレンドフォローを狙う際にはこちらが参考になるかと思います。

FXあきチャン土曜勉強会152『第1波の定義』まとめ
あきチャン先生は動画内で第3波を狙いましょうとおっしゃいます。しかしながら初心者は第3波が分からないどころか、1波2波もどこか分かりませんよね。今回はエリオット波動の第1波の定義です。視聴者様のメール内容「私は初心者なの...

チャネルラインを引く

しっかりとトレンド出ていることが確認出来たら、『チャネルライン』を引きましょう。引き方は、まず『V』を探します。あきチャン先生流に言うと勝利の『V』です。下はカナダ円の4時間足チャートです。

赤い波の『V』が見えると思います。この『V』に対して親波は緑線になります。赤線は左から1波、2波になります。2波にはトレンドラインが引けるので、割ってきたら①と②を結んだ切り下げラインを親波の根っこである③平行移動して合わせます。③のポイントですが、親波の下げ止まりが好ましいです。今回のように下げ止まりがはっきりと分からない場合は、上位足で意識されるポイントにも引きましょう。

波を数える

チャネルラインが引けたら波を数えましょう。トレンドが発生した第1波。その調整の第2波。そこからがチャンスの第3波です。チャネルラインを引くことで、一番トレンドの勢いのある第3波が狙いやすくなります。

エントリーと利確ポイント

チャネルラインを引くことでエントリーポイント、利確ポイントがはっきりと分かります。

エントリー

第2波のトレンドラインを抜けてきたら第3波です。しっかりと抜けたことを確認出来たらエントリーしましょう。少なくとも4時間足で一本は見送り、ローソク足の実態が抜けてからが安全です。エントリーのコツについては後述します。

利確ポイント

チャネルラインにタッチしたポイントが、利確ポイントになります。チャートを見ていられないようなら、エントリー時のローソク足直下、直上のチャネルラインに設定しましょう。

チャネルラインを抜けた場合

チャネルラインを抜けた場合は、3波が延長する可能性があります。エリオット波動の3波延長型衝撃波です。あきチャン先生は3波を3-1波、3-2波、3-3波と呼んでいます。3-3波は強烈な勢いで進みますので非常にチャンスです。3-2波に切り上げ、下げラインが引けるようなら積極的にエントリーしましょう。下の図は上のカナダ円チャートのその後です。

これがチャネルラインを抜く3-3波の実力です。

スポンサーリンク

エントリーのコツ

上で書いたエントリーについての捕捉になります。トレンドが発生している場合、そのトレンドの逆方向に引ける切り上げライン、切り下げラインを抜けるということは、それだけでもエントリーの根拠になります。ですが、それだけではエントリー後逆方向に価格が動いたり、レンジになってしまう場合があります。それを防ぎストレスなくポジションを持つための、ちょっとしたコツをご紹介します。

切り上げ、下げライン抜けは20MAも抜けたら

切り上げ、下げラインをローソク足だけが抜けている場合、20MAがラインを抜けるのを待つかのようにレンジになることが多々あります。エントリーする際には20MAもラインを抜けていることを確認出来てからのエントリーの方がストレスが少なくなります。画像をご覧ください。

切り上げラインを抜けているにも関わらず、赤い四角内でちょっとしたレンジになっています。ですが20MAもラインを抜けてからは急激に価格が動いているのが分かります。この場面では平行レンジだったので、レンジの上に損切りラインを設定していれば助かっています。でうが、切り上げライン、又は前回安値まで戻ってからの下落もあり得る場面です。損切りを近くに設定したい方は20MAも地理上げラインを抜けるまで待つと、ストレスが少なくなります。

トレンドラインと切り上げ、下げラインの違いとは?

賢人先生に学ぶ「トレンドライン」の正しい引き方と使い方。
FXを始めたばかりの方でも、チャートにラインを引いている方は多いと思います。メジャーなのは水平線やトレンドラインですね。今回はトレンドラインに絞ってご説明します。FXをやっている方なら誰もが知っているトレンドラインですが、正しい引き方をご存...

グランビルの法則も意識しよう

グランビルの法則について詳しくはこちらをご覧ください。

FXあきチャン土曜勉強会151「グランビルの法則取扱説明」まとめ
今回はグランビルの法則についてです。かなりの方がご存知だとは思いますが、復習をかねてご覧ください。視聴者様のメール紹介「私はハーフスイング手法4時間足バージョンで闘っています。勝率は高いのですが、抜けが大きい時はエント...

エントリーにはその根拠を積み重ねることが重要です。グランビルの法則はFXにおいて非常に有効な法則です。多くのトレーダーが意識している法則になります。4時間足でトレードするならば、ローソク足と120MAに対するグランビルの法則は常に意識するようにしましょう。

まとめ

初心者にお勧めのトレード方法は、FXの基本であるトレンドフォローです。

トレンドフォローはチャネルラインを引くことで非常にトレードしやすくなります。今現在エリオット波動の第何波にいるのか、エントリーポイントはどこなのか、利確ポイントはどこなのかが分かりやすくなります。

チャネルラインは意識して引くことで、効果的に引けるようになります。『V』を発見したら積極的に引てみましょう。

スポンサーリンク

おすすめの海外FX業者はこちら

令和元年最新版」GEMFOREXは口座開設ボーナスだけでも利用の価値アリ!!ゲムフォレックスの特徴も合わせてご紹介。

XMのボーナスは『ロイヤリティプログラム』が本命。プログラムの詳細を徹底解説します。

TitanFX(タイタンFX)は極狭スプレッドが売り。デイトレーダーやスキャルパーは必見!!!

is6com(アイエス6コム)のキャンペーンは口座開設と入金ボーナスの2本柱。強烈なボーナスを連発しているis6comの特徴は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました