FXあきチャン初心者応援講座2『トレンドを意識してラインを引こう』まとめ

あきチャン初心者応援講座
スポンサーリンク

トレンドラインは何のために引くのか?

そもそもトレンドラインは何のために引くのでしょう?

答えは『トレンド』に乗るためです。ラインを引くことでトレンドを確認し、その波に乗るとこができます。

ラインを引く⇒トレンドに乗る⇒勝利を掴む

これがラインを引く理由です。

スポンサーリンク

実際にラインを引いてみよう

では実際にラインを引いてみましょう。ラインはただ目立つところに引けばいいというわけではありません。必ずトレンドを意識してラインを引きましょう。

ダウ理論を意識しよう

トレンドを意識するということは、ダウ理論を意識するということです。ダウ理論によると

『トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する』

そうです。下の図をご覧ください。

前回高値を超えた時点で上昇トレンドが発生しています。この上昇トレンドは赤線の安値を抜けるとトレンド転換の可能性が出てきます。なので重要なのは、このトレンドが発生した高値と、トレンド転換の可能性が出てくる安値になります。そこにラインを引きましょう。

親波と小波

チャートには親波と小波が存在します。親波とは支配波と呼ばれ、小波を支配している波です。

左が親波、右が小波です。小波は必ず親波の影響を受けます。なので、今価格がある小波だけではなく、親波も意識してラインを引きましょう。ここから実際のチャートにラインを引いていきます。4時間足でトレードすることを前提に日足からラインを引いていきます。これは4時間足でトレードする場合、日足のトレンドに乗るためです。1時間足でトレードする場合は4時間足のトレンドに乗る必要があるので、4時間足にラインを引いてください。

日足

今いる価格は親波の黒いトレンドに支配されています。上に書いたダウ理論を意識して、重要な位置にラインを引くと上の画像のようになります。直上の高値に引いた赤いラインを超えると、黒波のトレンド転換の可能性が見えてきます。その場合は、もう1本上の赤いラインを目指した動きになる可能性が高いです。

週足

日足のトレンドに乗るからと言って週足を無視することはできません。必ず週足の重要な位置にもラインを引きましょう。

2波が横横でもんでいるため、高値と安値に2本ずつラインを引いています。このように分かりずらい場合は、ラインを複数引きゾーンとして考えます。

4時間足

日足、週足にラインを引けたら4時間足にラインを引きます。

ピンクが日足の親波に引いたラインです。緑が週足のラインです。4時間足では親波が見えないので、今いる小波のトレンドを意識してラインを引くと上の画像のようになります。

スポンサーリンク

まとめ

ラインを引くのはトレンドに乗るためです。FXではトレンドに乗ることが勝利への近道になります。

トレンドに乗るためには、ダウ理論を意識してラインを引きましょう。ダウ理論は、世界のトレーダーが意識しています。多くのトレーダーが意識しているポイントは価格が動くポイントになります。

FXでは親波と小波の関係性があります。小波は親波の影響を受けるので、関係性を意識してラインを引くようにしましょう。

4時間足でトレードをする場合は、日足からラインを引くようにしましょう。日足のトレンドに乗るためです。また週足も無視はできませんので、必ずラインを引きましょう。

スポンサーリンク

おすすめの海外FX業者はこちら

令和元年最新版」GEMFOREXは口座開設ボーナスだけでも利用の価値アリ!!ゲムフォレックスの特徴も合わせてご紹介。

XMのボーナスは『ロイヤリティプログラム』が本命。プログラムの詳細を徹底解説します。

TitanFX(タイタンFX)は極狭スプレッドが売り。デイトレーダーやスキャルパーは必見!!!

is6com(アイエス6コム)のキャンペーンは口座開設と入金ボーナスの2本柱。強烈なボーナスを連発しているis6comの特徴は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました