FXトレード日記4月1日~6日まで+121.1pips

トレード日記

新しい年号が令和に決まった4月1日からのトレード日記です。3通貨ペアを取引して121.1pipsのぷらすで終わることができました。ただ決済指値で決済できたのは1通貨ペアだけです。まだまだ反省点が多いです。

スポンサーリンク

トレード結果

通貨ペア種別損益決済指値
ドル円BUY

+48.1pips

ユーロポンドSELL

+36.1pips

×
ニュージードルSELL+36.9pips×
 合計

+121.1pips

 

ドル円

先週から持ち越しいていポジションが決済指値かかり決済されました。このポジションは「1本のラインだけで勝負せよ!」という記事で紹介したポジションでした。

4時間足

1時間足

4時間足では安値切り上げ、高値更新をしていないのでダウントレンド継続中です。ですが、先週に一気に下げた分600MAとの乖離が大きく、乖離を埋める買い注文が入るだろうと思い1時間足でエントリーチャンスを探っていました。

1時間足ではトリプルボトムを付け、急落のトレンドラインを抜ける1波が確認できます。1波が確認できたら3波を狙うだけです。1波とは逆方向のトレンドラインを1本だけ引きエントリーしました。詳しくは、こちらの記事を参考にしてください。

狙いは1波の値幅分だったので、月曜の早い時間に決済されていました。1時間足を使った「1本のラインだけで勝負せよ手法」は狙える値幅は少なくなりますが、練習方法としては十分に役に立つ手法だと思います。あなたも良ければ挑戦してみてください。

ユーロポンド

日足

4時間足

日足ユーロポンドはダウントレンド継続中です。黒い波の1波に対して3波が若干小さいので、戻り売りを狙っていました。ただ、日足レベルのぴんぅの水平線が2本引けるので底が固く抜けないと判断できれば手動での決済も視野に入れています。

4時間足はラス戻りを抜け上昇トレンドに転換しようとしているようにも見えますが、大きな流れは下だと判断しています。なので、逆方向に引けるトレンドラインを下抜いてからの2本目からショートでエントリーしました。TPは左に見える長い髭先に設定していたのですが、届く前に手動で決済しました。理由はユーロポンドは底が固く、ポンドドル、ポンド円共に上値が重そうに見えたからです。3通貨ペアを総合的に見て判断しました。その後のチャートを見ても間違ってはいないように思います。間違っているのはエントリーです。強い水平線が引けているので、抜けてからの戻り売りを狙うべきでした。

ニュージードル

日足

4時間足

日足は大きな流れを見ると下目線です。黄色い波の下落が急だったために、時間を使って調整をしているように見えます。ですが、アセンディングトライアングルを作って上昇してもおかしくはない場面です。もしくは平行レンジで見ている方もいらっしゃると思います。どちらにせよ、抜けた方向について行こうと考えていました。結果は4時間足でトレンドを付けながら下に抜けて行きました。

4時間足でダウントレンドが発生したので戻り売りを狙います。黒い波の3波目から61.8%付近で短期的なダブルトップを付けたので、右トップの陰線確定からショートでエントリーしました。利確目標は手動決済位置より30pipsほど下に設定していましたが、米国雇用統計が控えていたので手動で決済しました。

スポンサーリンク

4月1週目のまとめ

4月の1週目は3通貨ペアを取引して、120pipsのプラスで終わることができました。1つづつの利益が少なかったので思いのほか利益が伸びなかった印象です。ですが、損切りで終わる取引がなかったので、その点では満足しています。来週は動きそうな通貨ペアがあるので積極的に狙っていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました