FXトレード日記(EURNZD2020/01/03)エントリー

トレード日記

・投資、投機はいかなる場合も自己責任でお願いします。

・チャート分析や線引きについては質問をいただいても答えることはできません。

・エントリーした場合のポジションの詳細や売買タイミングについてはお答えできません。

スポンサーリンク

EURNZD環境認識

日足の画像です。11月ごろから始まった下落で、赤い上昇トレンドラインを下抜いてきました。各MAも下向きでトレンドフォローをするなら戻り売りを狙う場面です。ただ直下ピンクの水平線には届かずに、下位足では反転したので逆張りでエントリーしました。

4時間足レベルでも一目瞭然の下降トレンド中です。ただ時間をつかって 揉んでいたので価格は20MAを上抜け、水平から上向きになろうとしています。さらい日足の20MAに相当する120MAとは大きく乖離しているので、MAに引き付けられるグランビルの法則が働く場面でもあります。

長期足のポイント

・日足では上昇トレンドラインを下抜けている。
・4時間足レベルでは下降トレンド中。
・時間をかけて揉んでいたので、4時間足の20MAが迎えに来て上抜けしている。
・日足20MAとの乖離が大きい。

EURNZD短期足

1時間足の画像です。4時間足でも確認できるダブルボトムの中身はこんな感じになっています。左右のボトムのかにさらにダブル、トリプルボトムがあります。ダブルボトムのネックラインを上抜けることで1時間足レベルでは上目線になり、短期的に引ける黒いトレンドラインも上抜いています。

15分足です。1時間足の画像で見えたネックラインを抜けて押している場面です。一回目の押しは角度が急すぎたので切り下げラインは引けませんでした。一端の上昇からダブルボトムを作るようにもう一度押して行ったのでネックラインに合わせて切り下げラインを引い待っていました。

エントリー

エントリは赤い切り下げライン抜けです。ダブルボトムだったので切り下げラインへのリテストを待たずに即のりしました。損切りはダブルボトムの下で、利確目標は黒いレンジの値幅分です。

1時間足で見るとまだ征服していない高値付近です。ここまでいけばちょうど70pips位になります。令和2年の最初のトレードなので、きっちりと利確目標まで届いてくれると嬉しいです。

スポンサーリンク

おすすめの海外FX業者はこちら

令和元年最新版」GEMFOREXは口座開設ボーナスだけでも利用の価値アリ!!ゲムフォレックスの特徴も合わせてご紹介。

XMのボーナスは『ロイヤリティプログラム』が本命。プログラムの詳細を徹底解説します。

TitanFX(タイタンFX)は極狭スプレッドが売り。デイトレーダーやスキャルパーは必見!!!

is6com(アイエス6コム)のキャンペーンは口座開設と入金ボーナスの2本柱。強烈なボーナスを連発しているis6comの特徴は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました