(初心者用)FXあきチャン土曜勉強会130《調整(第2波)の狙い方》ポイントはチャートパターン

あきチャン土曜勉強会まとめ

今回は土曜勉強会の130回目《調整(第2波)の狙い方》のまとめです。

第1波が出て調整後の第3波を狙うのはFXの基本です。ただ、どこから乗ったらいいの?調整は終わって3波になるのはいつ?といった疑問があると思います。

第1波についてもっと詳しく知らいたい!

今回はあきチャン先生が実際に取引した3通貨ペアを参考に、調整終わりの第3波をどうやって獲るのか詳しく解説されているのでまとめていきます。

・投資、投機はいかなる場合も自己責任でお願いします。

・チャート分析や線引きについては質問をいただいても答えることはできません。

・エントリーした場合のポジションの詳細や売買タイミングについてはの質問にはお答えできません。

スポンサーリンク

調整(第2波)の狙い方 。ポイントはチャートパターン。

視聴者様のメールご紹介

あきチャン先生がヒントをくれた通りに調整終わりの第3波を獲ることができました。今回はあきチャン先生のヒントがあったので勢いに任せてあまり考えずにロングしたら成功しました。これでは成長しないので調整抜けの第3波を狙う際のポイントやコツがあれば教えてください。

あきチャン先生の回答

ずばりポイントはチャートパターンと、どこまで調整が入るのかを事前に把握することです。この2点で調整終わりの第3波を獲りやすくなりますよ。

・チャートパターン
・押し、戻りのポイント

どんなチャートパターンができているのか?

EURJPYの4時間足画像です。左の親波を征服した第1波が確認出来ます。押しの第2波を待って第3波を狙いたくなる場面です。

この時の第2波は青いフラッグを形成し、更にはウォルフ波動も同時に形成しています。下降フラッグは上昇トレンドの継続チャートパターンでウォルフ波動は現在いる小波の転換のチャートパターンです。

チャートパターンの中にチャートパターンを形成することはよくあります。その際は勢いよく価格が動くことが多いです。

ポンド円の4時間です。

左側に見える親波を半分以上征服した第1波が確認できます。
第1波についてもっと詳しく知りたい!

この場面も上のユーロ円同様に押し目買いで第3波を狙いたい場面です。ポンド円は上昇トレンドラインに支えられるようにダブルボトムを形成しています。大きな赤いダブルボトムの中で左側は小さくダブルボトムを形成しています。フラクタル構造です。

ダブルボトムはご存知の通りトレンド転換のチャートパターンです。

あきチャン先生は小さなダブルボトム確認後切り下げラインを引き、ライン抜け後のリテストからロングポジションを持ってます。黒丸の部分です。


上の2枚の画像分かるように、調整後の第3波が発生する時はチャートパターンを形成します。第1波が確認出来たら、その後どんなチャートパターンが出来上がるかで調整の終わりを判断することができます。

・調整が終わったのかはチャートパターンで判断できる。
※トレンドラインの内側にいることが条件

どこまで調整が入るのかを事前に把握する。

調整が入るポイントは多くはありません。基本的はフィボナッチ50から61.8%の中に納まることがほとんどです。

上で紹介した画像にフィボナッチを引いてみました。

ユーロ円です。ウォルフ波動の5点目がしっかりと50%ラインに反応しています。

ポンド円です。こちらも50%ラインで何度も止められていることが確認できます。

この様に押し戻りの位置は50%から61.8%でおさまることが非常に多いのです。
押し戻りの位置を事前に把握する方法として、もうひとつ裏技をあきチャン線が紹介してくれています。
 ①4時間足20MAと120MAがゴールデン、デッドクロスしたライン。
②120EMAと120SMAがクロスしたライン。

ユーロ円は①②が同じ位置に来ているので1本だけ引いています。見事にフィボナッチ50%と同じ位置に来ています。

ポンド円も赤丸部でゴールデンクロスしています。これもフィボナッチ50%のラインと同じ位置です。

①と②が離れている場合はゾーンとして考え、フィボナッチと合わせて押し戻りの位置を確かめると精度が増します。

スポンサーリンク

土曜勉強会130回のまとめ

調整終わりの第3波を狙うには、

①調整でどのようなチャートパターンを形成しているのか?
②フィボナッチの何パーセントまで押し戻りしているのか?

が非常に重要です。転換のチャートパターンが確認出来て、フィボナッチの50~61.8%までしっかりと押し戻りしている場合は積極的に第3波が狙えます。切り下げライン等を引いて、抜けていくようなら自信をもってエントリーしましょう。

押し目買い戻り売りの基本をもっと詳しく知りたい!

スポンサーリンク

おすすめの海外FX業者はこちら

令和元年最新版」GEMFOREXは口座開設ボーナスだけでも利用の価値アリ!!ゲムフォレックスの特徴も合わせてご紹介。

XMのボーナスは『ロイヤリティプログラム』が本命。プログラムの詳細を徹底解説します。

TitanFX(タイタンFX)は極狭スプレッドが売り。デイトレーダーやスキャルパーは必見!!!

is6com(アイエス6コム)のキャンペーンは口座開設と入金ボーナスの2本柱。強烈なボーナスを連発しているis6comの特徴は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました